”うちの畑”


”わたくしの畑”

”わたしの畑”

”ぼくの畑”

”おれの畑”

”うちの畑”

”うちの”ってなんだろう、単に話す相手に対しくだけた言葉というだけでなく、なんだか形容する”うちの”に続くモノに対しとても愛を感じませんか?

”わたしの嫁”

”ぼくの嫁”

”おれの嫁”

”うちの嫁”

ほら、どう?”わたしの”や”ぼくの”はちょっとよそよそしい感じ。”おれの”はちょっと自己主張が激しい感じ。”うちの”は自分の大事にしている大切なモノって感じ(なぜ嫁にしたってことには、触れないでください。特に大きな意味は…)。って私の自分勝手な取り方かもですが。

 

さてさて、先日、サトイモの種イモを畑に植えていたときのことです。

隣の畑では枝豆の苗を植えていました。家でずっと畑仕事をしていたグループホームの入居者の方が、隣の畑を覗きにいったところ、隣の畑の方が親切にあまった苗をくださりました。苗をもらった利用者の方は、とってもうれしそうに苗を両手に大事にのせ帰ってきました。

「これ、うちの畑にうえようと思って。」

ちょっと歩いたので、少し息があがっていますが、すっごくうれしそう。でもグループホームに入居している方なので、中々自宅の畑に植えることもできないし、面倒を見に行くのも大変です。

「じゃあ、そな~れの近くだし、今、作業しているところだし、ついでにそな~れの裏の畑に植えようよ」と提案してみました。

それでもかたくなに「今日うちに帰って、うちの畑に植えるよ。そのためにわけてもらったんだもの」とおっしゃります。

なんだかんだなだめながら、何とか裏の畑に苗を植えてもらったのですが、その時、とってもさみしそうにぽつりといったのです。

「いいよ。これはあんたんとこの畑で植えて、みんなでわければ」

 

あぁ、この方にとって、この畑は、”だれかの畑”なんだなぁと。

”うちの畑”で”うち”が毎日毎日見に行って丹精こめて作る。それこそがその方の今までの生活であり、それだからこそ生まれる愛着や収穫のより深い喜びなのだなぁと。

なんだか、”うちの畑”へのラブラブ度を見せつけられてしまいました。

そな~れの畑は”うちの畑”では決してないけれど、”だれかのしらない畑”じゃなくて”ちょっとはうちも面倒見てやってる畑”くらいに進歩できたらなぁと。

いつか。

”うちの畑”かぁ

ちょっと嫉妬しています。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。